大豆産地のパトロール

「おいしいからこの笑顔」のために

タカノフーズのシカゴ事務所は、「大豆産地のパトロール」が主な業務です。タカノフーズが購入している納豆用、豆腐用の大豆は全て契約栽培でつくられています。
そこで、シカゴ事務所員は、契約栽培しているアメリカ、カナダの大豆産地での生育状況の確認、あるいは収穫後は取れた大豆の品質確認をおこなっています。
実際の産地では、大豆生産者の方々とどうしたら日本に良い大豆をお届けして、日本でたくさんの笑顔を生むことができるかを一生懸命お話ししています。
ちなみに、大豆の生育時期は種まき(5~6月頃)、開花(7~8月頃)、収穫(10~11月頃)です。
アメリカとカナダでタカノフーズが購入している納豆、豆腐用の大豆の産地は北から南まで幅広く、この大豆の生育シーズンに、シカゴを拠点として事務所員で手分けして、各産地に出かけています。

所員紹介 「おかめ納豆」や「おかめ豆腐」は、遠いアメリカで働く「日本の男が厳選した大豆」でつくられています。タカノフーズシカゴ事務所は、日本の皆様の食卓に「安全・安心」と、「おいしいからこの笑顔」をもっとたくさんお届けできる様に、これからもずっとがんばっていきます。

おかめのこだわり
  • 安心できる食品をお届けするために
  • タカノフーズの原料管理
  • 大豆産地のパトロール
    
  • 80周年スペシャルコンテンツ おかめのこだわり
  • タカノフーズの納豆ラインナップ
  • タカノフーズの豆腐ラインナップ
  • おかめレシピ