第5回闘魂納豆!スタミナ勝負や!!(後半)

4th_project_intro.jpg

濱家:さぁ、持ってきたで“スタミナ納豆”どうや、今回の味は?

誠子:ニオイがせえへんなぁ。

安田:ホンマ、しませんねぇ。

d5_contents-photo01.jpg

濱家:オレ的にはもうちょっと
攻めてもよかったんやけどなぁ。

伊丹:ちょっと混ぜていきますね。

爆ノ介:あーーー、混ぜれば混ぜるほど
ネバリが・・・。

濱家:今回、最もネバリが少ないといわれるレシピを開発・・・。

爆ノ介:いやいやいや、めっちゃネバってますよ。

安田:普通に多目の納豆に見えますよ。

誠子:ハハハハ。

 

伊丹:よそっていきますね。

d5_contents-photo02.jpg

山内:中途半端な中腰ですねぇ・・・。

濱家:教科書通りの中腰ですねぇ・・・。

 

土方:伊丹の中腰はどうでもいいので、
みなさん、お味の方はどうですか?

爆ノ介:ありがとうございます。
おー、凄い凄い、この納豆感。

濱家:全然納豆に見えへんやろ。

爆ノ介:めちゃめちゃ納豆ですやん。
あやつり人形くらいの糸ですよ。

苦手芸人:ハハハハハハ。

安田:一つひとつの粒が小さいですね。

濱家: そやねん。ひきわり納豆や。

苦手芸人:それではいただきまーす。

濱家:塩昆布とネギのところ、中心に食べた方が
いいかもな。どうや?

d5_contents-photo03.jpg

爆ノ介:な、納豆ですね、ハハハ。

安田:でもニオイはないですね。

爆ノ介:あ・・・辛味・・・。

濱家:そうやねん。
タバスコの辛味と酸味、わかってくれた?

誠子:えー、タバスコ入ってるんですか!

濱家:そう、そんで鶏肉も入ってるから。

爆ノ介:あー、後からこの辛味が臭みを消してくれますね。

あーーーなるほど納得

糸引き納豆!

d5_contents-photo04.jpg

濱家:ためたなー、迫田。えー、今回おとなしいと思ってたら。

苦手芸人:ハハハハハ。

濱家:迫田いい感じよ。ナイスコメント!デルマパンゲの迫田です!!

 

安田:糸が凄いですね、やっぱり。

濱家:混ぜんと塩昆布、ネギ、納豆といった方がよかったかもな。
みんな、全然箸が進んでないやないか!

 

誠子:どうしてもネバリ気がねぇ・・・。

濱家:ネバリけがアカンかぁ。

山内:ネバリけなぁ・・・。

濱家:大分納豆の感じ薄なってると思うんやけどなぁ・・・。

 

山内:こっちからしたら、もう完璧やけどなぁ!

誠子:完璧?ですか?

d5_contents-photo05.jpg

山内:もう、いい加減にして欲しいわ!

濱家:真っすぐな目で怒ってます。

苦手芸人:ワハハハハ!

 

山内:ここまでしてんのに!

濱家:ここまでしてって言うてるけど、こいつ
納豆混ぜただけやけどな。

 

苦手芸人:ワハハハハ!

 

誠子:何もしてないじゃないですか!

d5_contents-photo06.jpg

山内:めちゃめちゃ混ぜて、
オレがネバリけ出したんや。

苦手芸人:ハハハハハ。

爆ノ介:ネバリ出すのはやめてくださいよ。

d5_contents-photo07.jpg

伊丹:皆さん、今回のレシピの特徴を解説しますと、
この“スタミナ納豆”はニオイ対策の料理で、
納豆の香りをゴマ油とニンニクの香りで抑えてるんですね。
あと、お肉と納豆って、凄く相性がいいんで、これを組み合わせる
ことで、旨味を引き出しています。

 

爆ノ介:確かに、僕、ニオイがダメなんですが、
一番に食べ終わりましたもんね。

誠子:ニオイはなかった、確かに。

 

伊丹:お好みで、納豆と鶏肉のバランスを変えていただくのも
いいかもしれませんね。納豆が苦手な方は、鶏肉の量を増やして、
ちょっと多目にごゴマ油を使っていただいてもいいかも。

 

爆ノ介:濱家さん、見直しましたわ。

d5_contents-photo08.jpg

濱家:その言い方、オレの相方は

アカン感じやん。

 

全員:ハハハハハハハハ!

濱家:安田、一回混ぜんと食べてみろよ。糸引かへんから。

d5_contents-photo09.jpg

安田:あ、確かに、あれ、でもやっぱり口にまとわりつくなぁ。

伊丹:ちょっと砂糖が入っているので、少し粘りが出ているかもしれませんね。
油を入れるとネバリが消えるんですけど、砂糖を入れるとまたネバリが
復活するので。

誠子:へーーー!

d5_contents-photo10.jpg

濱家:つまりや、ゴマ油入れてネバリが

消えたけど、砂糖入れたから

ちょうどネバリが元のままに


なったんや。

 

全員:ハハハハハハハハ!

 

土方:混ぜ過ぎたのもよくなかったかも知れませんね。

d5_contents-photo11.jpg

山内:繰り返すが、めっちゃめちゃ

混ぜたからな。

 

苦手芸人:何してるんですか!

 

土方:ではそろそろ行きますか。
皆さん、点数をどうぞ!

d5_contents-photo12.jpg

濱家:迫田から④点、④点、④点、②点!
安田、お前は針すなおか!?
何でひとりだけ2点やねん。

苦手芸人:ハハハハハハ!

土方:では、また迫田さんの方から感想をお願いします。

d5_contents-photo13.jpg

迫田:スタミナっていう言葉があったから、もっとこうスタミナの要素が
ガッとくるのかな?と思ったんですけど、予想以上に納豆の量が
多かったんですけど、その少量の割にはよかったんで、はい。

濱家:どういう意味や!少量の割にはよかったって!!

全員:ハハハハハハ。

誠子:私は、ほぼニオイがなかったんで、そういう意味での4点です。
あと①点は、やっぱり糸が気になったので、あ、納豆や!ていうのが
どうしても気になって。

d5_contents-photo14.jpg

爆ノ介:僕もニオイが全然なかったんで、これはホンマに、
ほぼ⑤に近い④!
あとは見た目がモロやったんで、①点引かせてもらいました。

濱家:まあ、見た目、思いっきり納豆やったからな。

爆ノ介:はぁい。でも本当においしかったです。

d5_contents-photo15.jpg

安田:ホントにニオイとか苦みみたいのがなくなったんですけど、
いかんせんネバネバがいつもより凄くて。

全員:ハハハハハハ!

濱家:混ぜてもうたからなぁ。

安田:そこだけですわ。僕、糸が引くのが苦手だったんで。
でも、混ぜずにそのまま食べる方が、確かに食べやすかったです。
ネバネバさえなければ、僕ホンマ大好きな味です、これ。

d5_contents-photo16.jpg

山内:ああぁぁぁ、オレのせいでぇぇぇ!

d5_contents-photo17.jpg

山内: Zzzzzzz・・・。

 

濱家:寝てんなやっ!

全員:ハハハハハハ!

濱家:それでは今回はこのへんで。

山内:次回こそは克服させるぞっ!

 

全員:おーーー!

~第6回に続く~

02_contents-line.jpg

d5_contents-photo18.jpg

■材料(2人分)

  鶏ひき肉:100g

  ごま油:小さじ1/2

  しょうが・にんにく(みじん切り):少々

  納豆(ひきわり):2パック

  納豆のたれ:2袋

  和風だし:小さじ1

  砂糖: 少々

  酒:小さじ1/2

  タバスコ:少々 

  青ネギ:適量

  塩昆布:適量

 

■作り方

1.フライパンでごま油を熱し、

しょうがとにんにくを香りが出るまで炒める。

2.1に鶏ひき肉を入れ、炒める。

3. 納豆、和風だし、砂糖、酒を入れたボウルに

2と納豆のたれを入れ、よくかき混ぜて完成。お好みに合わせて

青ネギ、塩昆布をのせる。

 


ページの先頭へ