第4回闘魂納豆!スタミナ勝負や!!(前半)

4th_project_intro.jpg

濱家:さぁ、納豆克服レシピの2回目です!

山内:気合、入ってきたな!

伊丹:どうもはじめまして、タカノフーズの
赤い闘魂、伊丹です。
元気ですかーっ!・・・。

山内:(遮るように)あ、はじめまして。          
いやー、でもホンマ、テンション上がってき・・・。

濱家:おいっ!せっかくモノマネしてくれてはるのに、
出鼻くじくなよ!伊丹さんのテンション
だだ下がりやないか。

d4_contents-photo01.jpg

伊丹:いやいや、毎度のことですから大丈夫ですよ・・・。

山内:では、握手で仕切り直しを。
お願いします!

d4_contents-photo02.jpg

濱家:おい、またそれは丁重過ぎるやろ。
そんで顔、何で泣きそうやねん!

伊丹:さて、今回は何を作りましょうかねぇ・・・。

山内:あっ!

d4_contents-photo03.jpg

伊丹:ビックリしたー!

山内:思いついた!“スタミナ納豆”にしましょ!!

伊丹:いいですねー、それでいきましょっ!

濱家:って、なんでやねん!
そないにいきなり決まらんやろ、普通!?
伊丹さんもたのみますわー!

伊丹:いやいや結構いい線ついてるんですよ、ニオイ対策とか。

山内:そやそや、ニオイ対策とかな。

濱家:お前、何にも知らんかったやろ!
まあ、伊丹さんを信じてやるしかないけど。

伊丹:信じればその一歩が道となり、

その一歩が道となるっ!

濱家:出た、モノマネ!(流して)ほな、早速つくろか。

山内:お前も流しとるがな!!

濱家:ではでは・・・今回使う納豆は、ハイッ!

d4_contents-photo04.jpg

濱家:旨味ひきわり納豆!

山内:旨味ひきわり納豆!

伊丹:旨味ひきわり納豆!

 

濱家:ほな早速、フライパンにごま油入れていくで。

山内:俺はボールに納豆入れてかき混ぜていくわ。
おー、ようネバっとるネバっとる!

d4_contents-photo05.jpg

伊丹:濱家さん、にんにくとしょうがを入れてくださいね。
今回はにんにくがポイントですから。
この香りで納豆のニオイを封じ込めるんです。

d4_contents-photo06.jpg

濱家:はい。こっちはいま入れた鶏肉に火が通れば準備OKやで。

伊丹:では濱家さん、山内さんのボウルに入っている納豆に
フライパンの具材を移してもらえますか?

濱家:はーい!って、伊丹さん!!
僕が身動きでけへんことをいいことに何してるんですか?
ちょと腕離してくださいよっ!
僕、そっちの気、ないですから!!

c4_contents-photo07.jpg

伊丹:フフフフフフ。

濱家:ちょっと微妙にさすってるし。
すっごいソフトタッチ。

伊丹:まあ、冗談はこのくらいにして。

濱家:冗談かマジなんかわからへんなぁ・・・。

伊丹:山内さん、納豆と具材を混ぜるときは、
全体が混ざるようにお願いしますよ。

d4_contents-photo08.jpg

山内:肉の油が入るから、ネバネバが弱まりそうですよね。

濱家:納豆のたれも入れていきます。
ちょっとこのへんで味見していきますね。

山内:どう?味は。

濱家:うまいよっ!

d4_contents-photo09.jpg

山内:何で怒ってるん?

濱家:ひきわりやから大分ネバリましになってると思うな。

伊丹: あとは味付けですね。
タバスコを入れるなり、砂糖を入れるなり、
センスが問われますよ。

山内:センスやで、センス!

d4_contents-photo10.jpg

濱家:これ、未知の味やわ。
どう伝えれば・・・なるほどな!
そういうことか、なるほどね。
そういうことね、わかりました、わかりました。

山内:言えや!どういうことやねん!!

濱家:これはそういうことやね。

ははーん、そっちね!

山内:そっちねっ、てどっちやっ!

濱家:タバスコね、酸味と辛味をプラスね。
もうちょい塩いっとこかな。

d4_contents-photo11.jpg

山内:お前、どんどんわけわからん味に
なってくるんとちゃうやろな!

濱家:これでいいと思う。
ちょっと食べてみてください。
どうですか、伊丹さん?

伊丹:あの、ちょっ・・・。

濱家:何でまたちょっと触るんですか!?

d4_contents-photo12.jpg

伊丹:ハハハハ、いやいや。
味付けの方もモッテルなと思いまして。
うん、この味付けの方向性は、はいはい、
そっちね!

山内:それ言いたかっただけちゃいますん? 

伊丹: ハハハハ!   

濱家:でも本当においしいでしょ?

伊丹:タバスコでかなり納豆の味を抑えてますしね。
納豆が苦手な方にも絶対受け入れてもらえる味ですよ。
それでは、盛りつけていきましょう。

 

濱家:やばい、なんか普段の

お笑いの仕事より楽しいわ!


それから、ネギも盛りつけまして。

伊丹:最後にここがポイント!
関西風味付けの塩昆布をのっけてください!

d4_contents-photo13.jpg

山内:それでは完成ですかね。

濱家:“スタミナ納豆”完成でーす!

d4_contents-photo14.jpg

伊丹:では、納豆苦手芸人さんたちに
食べていただきましょう!

~第5回に続く~


ページの先頭へ