第3回トップバッターとんぺいですっ!(後半)

4th_project_intro.jpg

濱家:さ、納豆苦手芸人の諸君、お待たせ!

爆ノ介:どんなんできたんですか?

山内:「納豆きのこのとんぺい風」や。

d3_contents-photo01.jpg

誠子:わー、凄い!

安田:納豆いっぱい入ってる!

迫田:うわー、ネバネバしてない?

誠子:ニオイ凄い!

 

濱家:ほな、取り分けるで。
納豆のニオイ全然してへんなぁ。

爆ノ介:いや、めちゃめちゃしてるでしょ!

山内:ネバリっけも全部消えてしもたなぁ。

安田:いや、そんなことないでしょ!

 

濱家:ごちゃごちゃ言うてんと、早よたべぇ!

苦手芸人:いただきまーす!

濱家:どう?

d3_contents-photo02.jpg

苦手芸人:・・・・・・・・・・・・。

濱家:こんなに黙りこくるとは思わんかったわ。

苦手芸人:ハハハハッ!

 

迫田:納豆と卵の味です!

誠子:ん~でも、マヨネーズ効いてるから本来の臭さは消えているかも。

 

濱家:チーズも入ってるねんで、チーズも。
チーズのとこまだ当たってないか?
ちょっとまろやかになってると思うねんけど。

爆ノ介:あ、ホンマですね、チーズ。食べれますよ、コレ。

d3_contents-photo03.jpg

迫田:“ごと食う”よりは・・・。

濱家:何? “ごと食う”って?

迫田:“納豆ごと食う”よりはましですね。

全員:ハハハハッ!

d3_contents-photo04.jpg

濱家:おう、食べやすなってるやろ。まだまだ何品もあるからな!
いろんなパターン、やっていくからな!

苦手芸人:(苦笑)

 

安田:でもホンマにマヨネーズがきいてますね。

迫田:なんか、納豆の柔らかい食感のなかに、これ、きのこですか?
このきのこのちゃんとしたカリッとした食感があるから、
安心しますね。


濱家: なんで不安やねん!

 

苦手芸人:ハハハハッ!

d3_contents-photo05.jpg

安西:ではこの納豆料理のポイントは・・・。

迫田:チーズでしょ!うんうん。

山内:話の途中や、これから話さはんねん。

安西:まず卵でくるむことで食べやすくしているのと、
とろけるチーズの風味でネバネバと臭いを
マイルドにしています。それとマヨネーズで一体感を出していますね。

d3_contents-photo06.jpg

苦手芸人:おーーー!

 

安西:納豆苦手芸人の皆さん、だいたい食べていただけましたね。
それでは、お手元のプラカードで点数をつけていただけますか?

d3_contents-photo07.jpg

濱家:えー!そういうルールなんですかぁ!?

山内:後輩に審査されるんですか!?

安西:今回はレシピごとに皆さんに得点を決めていただいて、
最終的にどのレシピが、苦手な納豆克服にいちばん力を発揮したかを決めようと。

 

濱家:OK、了解です。

土方:それでは皆さん、改めて点数をお願いしますっ!5点満点で一体いくつ?

d3_contents-photo08.jpg

山内:安田④、爆ノ介③、誠子②、迫田④。

土方:では迫田さんからつけられた点数の理由をお願いできますか?

迫田:そうっすね、まあトップバッターのレシピでしたが、緊張もせずにスッと入っていけたから④点ということで。

濱家:漫才の大会ちゃうで!

d3_contents-photo09.jpg

濱家:誠子、何でそんなに低いねん!

誠子:確かに、そのまま納豆を食べるよりくさみやネバネバは抑えられていたんですけど、
でもまだしっかり味がしたのと・・・まだまだできるんじゃないか、という期待をこめまして。

濱家:何で上から目線やねん!

d3_contents-photo10.jpg

爆ノ介:僕も期待値の③です。こんだけいけるんなら、この先まだまだイケるだろうと。
あと、焼いたことで、ニオイが強くなったんで、はい。

d3_contents-photo11.jpg

安田:僕は糸が苦手だったんですが、卵でくるむことでネバリがなくなったんで、そういう意味で④です。

安西:ありがとうございます。

濱家:ということで、誠子はここで脱落ということで。

d3_contents-photo12.jpg

誠子:え!?②出したらアカンかったんや?それやったら⑤出します。

山内:⑤出せ、⑤。

安西:ハハハハハ。

d3_contents-photo13.gif

濱家:もうちょっと納豆の味、消したほうがよかったですよね。
ただ、もともとおいしいおかめ納豆の味を消す!ということに、
どうも抵抗が。なんか罪悪感すら感じてしまって。
人間って、ホント、美味しいものには弱いですよね・・・。

土方:それはそれは。

濱家:でも納豆嫌いを克服さすためには、そこをもっと攻めたほうがよかった
かもしれませんねぇ。

安西:ですねー。

土方:皆さん苦手な方ばかりですからね。

濱家:山内、どう思う?
 

山内:誠子、


帰ったらええのに。

d3_contents-photo14.jpg

濱家:帰ったらアカン、帰ったら。

誠子:なんでみんな、女の私に一番厳しいの!

 

土方:それにしても、もう一工夫でしたね。

濱家:逆にニオイを出して、納豆のよさを引き出してしまったのかもな。

山内:こんなん言うたら元も子もないけど、やっぱり


嫌いなやつは


食わんかったら


エエねん。

d3_contents-photo15.jpg

濱家:いやいや、それを言うたらホンマに元も子もないから。

安西:ハハハハハ。

土方:ハハハハハ。

d3_contents-photo16.jpg

濱家:でも、1品目にして、納豆苦手克服レシピのコツがつかめたような気がします。

山内:この調子で、2品目も頑張せてもらいます!

〜第4回に続く!〜

02_contents-line.jpg

d3_contents-photo17.jpg

■材料

さらりとだし納豆:1パック

納豆のたれ:1袋

しめじ:1/4パック

生しいたけ:4枚

ツナ(缶) :1/2缶

サラダ油 :大さじ2

卵 :3個

ピザ用チーズ:20g

マヨネーズ:適量

ルッコラ、プチトマト:適量

 

■作り方

1.しめじは石づきを取り、小房にする。生しいたけは石づきを切り、6等分に切る。ツナは油をきっておく。納豆はたれと混ぜておく。

2.フライパンにサラダ油を小さじ2入れ、しめじ、しいたけの順に炒め、しんなりしたらツナ、納豆を加えて軽く炒め、バットなどにとっておく。

3.フライパンに残りのサラダ油を入れて熱し、油の温度が上がったら卵を流し入れ、かるくかき混ぜながら広げる。

4.半熟程度に焼けたら2の具材をのせ、その上にピザ用チーズをのせ、卵を両端からくるむ。

5. 4を器に盛りつけ、マヨネーズを細書きし、ルッコラとプチトマトを飾る。


ページの先頭へ