第9回納豆菌は何でもネバネバにするの?(後半)

加:ハイハーイ!今週もやってまいりました“なっとう☆ラボ!!”
今週も橋本さんの渋い顔が見られるでしょうか!?
はじまり、はじまり・・・。

 

橋:では次、ひよこ豆。あー、粘ってますわ。
さっきよりさらに粘ってますわ。

鰻:徐々にエエ感じになってきたんちゃう?
さて、味の方は?

c9_contents-photo01.jpg

橋:うわー、これ強烈やな、これ強烈やな、
これ強烈やな、うわー!

c9_contents-photo02.gif

鰻:あーーー!後味悪いわぁぁぁ。

橋:凄い怖い映画観たあとみたいや。

鰻:これはアカンなぁ。

橋:一番よくないですね。

c9_contents-photo03.jpg

加:あー、うんうんうんうん、ふふふ、何やろ?

橋:関西弁が出て来てますよ。

加:土っぽい。

鰻:わかります、わかります。

橋:大地を粘らせて食べてるみたい。

加: ふふふ。  

橋:では次、小豆いきます。見た目がよくないな。

c9_contents-photo04.jpg

橋:あ、でもこれはおいしい。さすが小豆のポテンシャルが高いからかな。
さらに、お砂糖入れたら、こういう食べ物って感じになりますわ。
アイスクリームの味、あずきバ―みたいな。

加:お砂糖を入れたら、もっと粘っておいしくなるかも。

c9_contents-photo05.jpg

橋:やってみましょ。スティックのお砂糖を入れまして、あ、よう粘るわ。
・・・めっちゃうまいですわ。

鰻:ホンマや、ただ水分は持っていかれますわ。

橋:お茶飲んだらええやろ。

加: 確かにおいしい、間違いないです。

c9_contents-photo06.jpg

鰻:ではコーンいってみます。
うわ、うーーーわ、何これ、うーーわ。
何も味せえへん。水っぽいわ。

橋:何やねん・・・コーンのよさはなくなったなぁ。

鰻:苦いなぁ。

橋:コーン史上最大に苦いな。

加:コーンの芯の味がする。

吉:納豆菌がコーンの糖分を食べちゃうんで、甘い味を差し引いた味になるんでしょうね。

c9_contents-photo07.jpg

橋:甘み大事ですね。

鰻:こっちの普通のコーン食べてみよ。
めっちゃ甘い。

橋:あんまっ。

鰻:めっちゃ甘いですね、コーンって。

橋:日頃のコーンの甘さのありがたみわかってない人は、
一旦こっちのマズイコーン食べた方がいいよ。

浮気したあと、やっぱ嫁さんが一番いいなって気付くみたいな。

加:ふふふふ。

 

鰻:次、ブルーベリーいってみますね。
何にも糸ないわ。

吉:酸性でタンパク質が少ない為、納豆になれないんですよ。

鰻:うわー、怖いな。匂い嗅ぐだけでやめとくわ。

吉:こっちの普通のブルーベリーは食べれますよ。

鰻:うわー、めっちゃウマイですわ。ホンマにうまいわ。

橋:これはウマイわ。買って来た人がエライわ。

c9_contents-photo08.jpg

吉:では「納豆菌があれば、どんなものでもネバネバになるの?」の総括です。

橋:はい。

吉:納豆菌は、糖分を餌にして増えながら、タンパク質を分解して粘りを
作り出します。なので、多くのタンパク質と糖分がバランスよく含まれている
ことが大事になります。

橋:そういえば、大豆にはタンパク質がたくさん含まれているんでしたね。

c9_contents-photo09.jpg

橋:納豆く(納得)!

c9_contents-photo10.jpg

加:やっぱり大豆が一番!ということで、また来週ー!!

~第10回へ続く~


ページの先頭へ