第8回納豆菌は何でもネバネバにするの?(前半)

加:どーもー!はにかみエンジェル加藤でーす!!
今回のお題もなかなか興味深いですよ。
ジャン
「納豆菌があれば、どんなものでも
ネバネバになるの?」
です。

c8_contents-photo01.jpg

橋:確かにそれは気になるわ。

鰻:なんかおもしろそうやな。

加:ということで、今回ばかりは事前に準備が必要だったので、
先に納豆菌をかけて発酵させたものをキッチンにご用意しています。

 

橋:おー、ありがたい。

鰻:待ち時間の間、ボケたおすのもなかなか厳しいしな。

 

加:では、 Mr.吉葉が待つキッチンへ!

橋:ゴー!

鰻:ゴー!

 

加:ハイ、とうちゃこ~。
Mr.吉葉っ!Mr.吉葉っ!!早速例のものをセットなさい。

吉:ははぁー、女王陛下様って何でやねん!

橋:あ、いま関西弁でノリ突っ込みしたで。

鰻:ホンマや、聞き逃すとこやったわ。
得体の知れん人やなぁ。 

c8_contents-photo02.jpg 

吉:今回実験したのは、左から
グリンピース、ピーナッツ、ひよこ豆、小豆、コ―ン、ブルーベリー。

鰻:なんかブルーベリーおいしそうやな。

吉:それがおいしくないんですよ。

橋:砂糖かけたらいけそうやけど。

 

加:ひよこ豆や小豆は大豆と同じように煮る前に水に
漬けて水分を吸水しているので、豆の大きさが全然違うのが
おわかりいただけると思います。

橋:ホンマや、全然違う。

鰻:納豆の容器に入ってる方はデカなってますね。

 

吉:これをそれぞれ食べていただけますか?

橋:いよいよ試食タイムか。

鰻:なんかドキドキやな。

加:さてさて、糸が引くのかどうか。
混ぜていきましょー!
まずは一番左のグリーンピースからお願いします。

c8_contents-photo03.jpg

橋:あれ!何!?このシャラシャラしてる感じ。初めての感触。

加:あ、糸が細ーい。

橋:カワイイな、これ。あ、でも糸引いてきた。
多少出て来ましたよ、これ。
で、食べてみると・・・あ、おいしい。全然おいしい。
グリーンピースの味はするけど、納豆の旨みは十分あるわ。

鰻:へー。

橋:食べてみる?

鰻:あー!おいしいですね!!グリーンピースの納豆版ですね

橋:そやねん。グリーンピースが苦手な人で、納豆が好きな人は、
これいけますわ。

加:いけそうですか?

橋:むしろグリーンピースのアカン部分が消えてます。苦みとか。

鰻:相性エエんちゃいます。

加:でも粘りがないですよね。

 

橋:次はピーナッツいきましょうか。
あ、出てる出てる。さっきより糸出てる。

c8_contents-photo04.gif

鰻:ちょっと糸細いけどな。

橋:いただきます。

鰻:さっきと顔が違うで。

c8_contents-photo05.jpg

橋:これ、味がないなぁ。醤油かけたらうまいかもしれんけど。
納豆にする意味がないな・・・。

鰻:うーーーん。確かにこの気の抜けた味。
なんかねぇ、あんまおいしくはないですよね。
ピーナッツのよさと納豆のよさが合ってないですよ。

橋:なんか匂いはおいしそうなんですけどね。

 

加:では、橋本さんの渋い顔をみながら、今週はこのへんで!

橋:え、もう終わるの!とれ高大丈夫か!?

~第9回へ続く~


ページの先頭へ