第5回徹底比較!納豆の凄さ!?(後半)

c5_contents-photo01.jpg

加:1週間のご無沙汰です。では先週の続きからです!
大豆300粒分をお味噌汁に換算すると・・・
答えは、20杯分です!

橋:えー!20杯も!!

鰻:20杯分のお味噌汁って、
なんか旅館の配膳みたいやなぁ。

一応、いただきますね。あ、おいしい!おいしいですよ!!

橋:ホンマ、おいしいですね!

 

加:では豆乳だと、どのくらいの量になるでしょう?

橋: うーん、難しいなぁ。

鰻:想像つかんぁ。

c5_contents-photo02.jpg

加:答えは、625ml分です!

橋:え、そんなに!

鰻:スゲぇ!

 

加:ではでは、お豆腐だと、どのくらいの量になるでしょう。

橋:えーと・・・。

鰻:そやな・・・。

 

加:答えは、2/3丁です!

橋:ちょっと食い気味に答え言うてきたで。

鰻:ホンマ、答え言いたくて、しゃーなかったんちゃうか?

 

加:で、このお豆腐は、どこのお豆腐かというと・・・もちろん!

橋:みんな大好き!

鰻:おかめ豆腐!

加:はい、よくできました!!

c5_contents-photo03.jpg

鰻:では、いただきます!おいしい!!

加:ホント、おいしいですよね。
関東・甲信越、静岡、一部東北で絶賛発売中です!

橋:うん、うまいっすわぁ、ってこれ、宣伝かい!
ちょっと
“なっとう☆ラボ”に戻りましょう。 

加:このようにですね、納豆を食べると、とても効率よく
大豆を摂取することができるんですよ。 
さらに言うと、栄養価もすごく高いんです。
納豆1パック50gには、タンパク質が8.3gも含まれてるんですよ。
これは、牛肉50gのタンパク質に相当し、つまり・・・。

橋:長台詞やなぁ。

 

加:つまり、納豆は食物繊維も豊富に摂れるので、
ステーキと、にんじんのソテー1本分を一緒に食べるイメージなんですよ。

鰻:ステーキはお高くて毎日食べられないけど、納豆は庶民の味方やからなぁ。

加:さらにつけ加えると、納豆は発酵食品なので、煮豆の時よりも
ビタミンB2やビタミンK、葉酸などの栄養素が増えているんです。
ナットウキナーゼもたくさん!

鰻:凄いな、納豆はぁ・・・。

橋:大豆をまるごとたくさん食べられるうえに、
栄養面でパワーアップしたものが納豆か!

加:さすが、なっとう芸人!理解が早いですね!!
では、そろそろ

「いろんな大豆食品があるけど、
納豆ってどれくらいすごいの? 」

の結論をいただいてもいいですか?

 

橋:納豆は“畑の肉”とも呼ばれるほど
栄養豊富な大豆が、最も効率よく摂れて!

加:摂れて!!

鰻:大豆が納豆へと変化することで、
さまざまな栄養素が一気に増える!

加:増える!!

橋: まさに、一石二鳥どころか!

鰻:一石十鳥以上の食品である!

c5_contents-photo04.gif

加:よくぞ納豆の凄さを
的確に言い当ててくださいました。
もう私から何も言うことはありません!
今週はこのへんで、また来週!!
バハハーーーイ! 

~第6回へ続く~


ページの先頭へ