第8回官能検査をマスターできるか?

b8_contents-photo01.jpg

柳:やあ、女と男の諸君、やっと出会えましたね。
ようこそ、めくるめく官能の世界へ。
私は官能検査員の柳瀬です。
ここで行われる官能検査では、五感をフルに
使っていただきますよ。

市:官能検査?なんかナマメカシイ響きやけど、何すんのやろ?

和:いっぱい人がいるなぁ、この人ら皆、官能検査員?

柳:そう、皆、官能の世界にどっぷりと浸りきった、官能検査員です。

 

 

柳:まあ、我々の様子を、ちょっと見ていていただけますか?

和:あ、始まった、始まった。え、何あれ?逆よー!

b8_contents-photo02.jpg

市:えっ、逆、逆、逆ですよー!皆さーん!納豆の食べ方知らないんですかー?
官能検査員いうから敏感な人らかなと思ったけど、かなり鈍感そうやで。

b8_contents-photo03.jpg

和:納豆をひっくり返してジロジロ見てんで。何してるんですかー?

市:ちょっと聞いてますかー?逆ですよー!
納豆はフタに乗せて食べるものじゃないですよー!

b8_contents-photo04.jpg

市:今度は混ぜ出したで!

和:あ、なんやかんや言うて皆さん、納豆の混ぜ方は上手いですねぇ。
慣れてはるわ、ほんで匂い嗅ぎ出したで。  

b8_contents-photo05.jpg

市:あ、食べたっ、食べたなっ!
食べましたよー、この人、勝手にー!!

和:でも、たれかけんと食べてはるで。

市:ホンマや、食べ方知らんねや、この人ら。
やっぱりたれかけへんから、ちょっとしか食べんと残さはるわ。 

和:ホンマ、不思議な人らやなぁ。

b8_contents-photo06.jpg

柳:では、女と男さん、こちらまで来てください。
ご説明します。

市:一体ここでは、何をやってるんですか?

柳:官能検査といって、納豆の外観、糸引き、匂い、硬さ、味などを
チェックしているんですよ。

和:ちょっと見たり、食べたりするだけで、わかるもんですか?

柳:はい、官能検査の資格を持った者たちがチェックしていますので。

市:やっぱり違いのわかる人たちなんですね。
この伊勢工場では、1日に何個くらいチェックしているんですか?

柳: だいたい、40~50個くらいですかね。

市:おーーー!

和:おーーー!

市:うれしいなぁ、こうやって皆さんが品質チェックしてくれてるから
おいしく食べられ・・・・。

カップの納豆をひっくり返してテーブルに叩きつけて取り出す音:

ガンッ!ガンッ!ガンッ!ガンッ!

b8_contents-photo07.jpg

市:ちょっと皆さん、何なんですか!
僕がエエ話してる時に!邪魔しないでくださいよ!!

柳:納豆の裏の外観をチェックしているんですよ。

和:イッちゃん、間、ワルー。

柳:それでは、女と男のおふたりにも
いい納豆、悪い納豆を見分けていただきますよ。

市:僕ら相当、納豆について勉強してきましたから、
もう蓋開けんでもわかるくらいですよ。

b8_contents-photo08.jpg

和:ホンマ、ちょとかき混ぜただけで、もうわかったよ。
悪い納豆がどれか、ふたりで指さそか。
いっせーのーでー、コレ!

b8_contents-photo09.jpg

市:一緒やな!
ほな、なぜかっていうのを説明してください、和田ちゃん!

和:なんか豆に元気がない。

市:ど、どういうこと?

和:ぐちゃ~って感じ。   

市:そんな表現で皆さんに伝わるかなぁ?

 

和:なんかさー、皮がぐちゃ~って感じ。

市:もっとわかりやすく!納豆と言えば、まず何ですか?

和:納豆菌!

市:まあ、そうやけど、つまり粘り気でしょ!
粘り気がないんですよ、この納豆には!

和:そうそう、そういうこと。

市:あと、こっちの納豆もダメですね、
匂いもないし、色も変やし。
正解はコレとコレのふたつです!

柳:当たりっ!
このふたつは、ちょっと“進んだ”匂いがしますね。

和: 進んだ?出たな業界用語!

柳:発酵が進んだ匂いですよ。
それから、このように持ち上げるとわかるんですが。
持ち上がらずに、スグに垂れて落ちる納豆は悪い納豆ですね。 
いい納豆はこのように、
ヨイショー!ヨイショーー!ヨイショーーー!

b8_contents-photo10.gif

市: うわー!うわーー!!うわーーー!!!
凄い持ち上がりますね!これ、混ぜた方が香りとかも出るんですか?

柳:・・・。

市:出ないんですか?

柳:・・・。

市:何でしゃべってくれないんですかっ!

柳:・・・あ、はい?・・・いやいやいや!すみません!!
持ち上げるのに夢中になっていたもので・・・。

市:完全に自分の世界に浸ってたなぁ。

 

和:なあなあイッちゃん、ほんで私ら合格やんなあ、官能検査。
ピッタリ当てたし!

市:そやそや、そりゃ合格やろ!!

柳:はい、一発で的中させましたしね、さすがです。
よって合格といたしましょう!

和:バンザーイ!

市:バンザーイ!

 

柳:女と男さん、今回の官能検査で、
少しでも感じていただけましたか?
この一粒一粒から醸し出される
永遠の宇宙を。

 

和:は、はい?宇宙!?

市:和田ちゃん、しーっ!
柳瀬さんが納豆を持ち上げてる時の
あの官能的な表情を見たやろ。
あれが全てや。それ以上、それ以下でもない。
あの時、柳瀬さんは、 
オレらには見えへん何かを見てたんや。

b8_contents-photo11.jpg

和:まあ、私には難しいことはようわからんけど、
もうここまで来たら“最高の納豆”は近いんと違うか。

市:そやな、ただただ前進あるのみやで!

 

~第9回へ続く~


ページの先頭へ