第12回ディスカバー・ナットウ

12_contents-photo1.jpg

橋:これにて、5回にわたる『納豆“N級”グルメ対決!』終了です!ふ~。

宮:改めて、3カ月にわたってお二人ともお疲れ様でした。ありがとうございました。       

   まさか私もこんなにたくさんの、おいしい納豆メニューを食べられるとは思っていませんでした。

鰻:いやいや、あんなにおいしそうに食べていただけるとは、こちらも思っていませんでしたから。

12_contents-photo2.jpg

宮:納豆って、そのまま食べてもおいしいものなんですけど、

  料理にすると、またあんなにおいしくなるということがよくわかりました。

鰻:いやー、まだまだ可能性いっぱいありますね。

宮:主役と名脇役が揃えば、ひとつの食卓になるわけですから、

   私らも今回のレシピを活かして、さらに営業を頑張っていきます。

12_contents-phot32.jpg

鰻:えー、それから結果なんですけど、ドローということで・・・。

橋:まあ、それはしょうがない。やっぱり思っている以上に名脇役のチョイスが

     渋かったもん。手軽に作れるし。

鰻:めちゃくちゃよかったでしょ。

宮:あの油揚げのサクサク感が忘れられませんねぇ。

   食べ方も、今までとは違う食べ方を提案してくれたんで、

     それがまたよかったですねぇ。いやぁ、私らも勉強になりました。

鰻:主食もよかったよ。正直もう負けたんちゃうかと思ったよ。

12_contents-photo4.jpg

橋:さっき、こそっと「オフレコやけどパスタと焼き飯が最高やった」

  言うてたやん。

鰻:ちゃうちゃう、そんなん言うてないよ。なんかの聞き間違いですよ、それは。

  名脇役と主役、両方そろってこそ、真の納豆レシピということですから。

橋:だから、ドローになった意味がわかりますよね。

12_contents-photo5.jpg

鰻:いやー、それにしても僕は宮本さんのことだけを思って作ってましたよ。

宮:それは非常に伝わってきましたよ。

  納豆の配置具合ですとか、ボリュームですとか。

橋:いや、僕は納豆を愛するすべての人に向けて作ってましたよ。

宮:そうですね、確かに今回の趣旨はそうでしたよね。

鰻:そ、それはそうやけど、とりあえず宮本さんが判定員やから、勝たなアカンかったから。

宮:そうですね、勝負ごとは勝たないとね。

  

橋:それから、この『納豆“N級”グルメ対決!』を見ていただいた方には

   納豆の魅力がよく伝わったんじゃないですかね。

鰻:そうですね、ぜひ一回、この紹介した食べ方をやって欲しいですね。

橋:簡単ですもんね。意外とお母さんとお子さんがいっしょに

  作ったりとかもできますから。

12_contents-photo6.jpg

宮:お昼ご飯とかにもいいですよ、手間もかかりませんしね。


  でもね、納豆は「おかめ納豆」じゃなきゃ

 ダメなんですよっ!!


橋:そ、そりゃそうですよっ!

鰻:そ、そりゃそうですよっ!

橋:やっぱりあのたれが決め手になってますからね。

   たれがあるとないとでは、全然味違いますよ。

 

鰻:それから「おかめ豆腐」!

橋:そうそう「おかめ豆腐」!うまかったよなぁ~。

   関西でも販売して欲しいよなぁ~。

 

宮:さて、実は私、勝者のためにプレゼントを用意してきたのですが。

   でも非常に頑張っていただいたので、特別にお二人に差し上げたいと思います!

橋:マジっすか!

鰻:やったー!!

12_contents-photo7.jpg

宮:プレゼントはこちらです。「おかめ納豆  旨味昆布だし納豆」36パックです!

12_contents-photo8.gif

鰻:おー豪華すぎ!こんなのいただいちゃっていいんですか!?

   うれしー!!

橋:これでしばらくは納豆に困りませんよ!ありがとうございます!!

 

宮:あっ、そういえば賞味期限のことすっかり忘れてました・・・こんなに大量に   

     大丈夫でしょうか?

鰻:いやいや余裕で食べれますよ。

橋:後輩にも分けますからね。

 

宮:お二人とも本当にお疲れ様でした。

   ぜひこれからも、多くの方々に納豆の魅力を

    伝え続けていってください!

12_contents-photo9.jpg

橋:任せてください!

鰻:任せてください!


ページの先頭へ