第3回初勝利を"かけた"ジャッジ!

銀シャリ

鰻:私、鰻の番です!

   まず玉ねぎを切りま・・・う、ううう涙が・・・

橋:出てないやないか!

鰻:一応バイトでこういう調理をやってたから慣れてるんですよ。

橋:面影ゼロやな。

銀シャリ

鰻:では、私はこの「おかめ納豆の旨味かつおだし納豆」を使います、キメッ!

橋: ドヤ顔せんでええねん。
そんで「鰻」が「かつお」持ってたらややこしいわ!

銀シャリ

鰻:ボウルに納豆が入りましたっ!

橋:もうドヤ顔エエねん!ドヤ顔やってる時間ないからっ!

銀シャリ

ぁぁぁぁぁぁぁぁぁ、お箸が早くも重たなって来ました!
そこに、先ほどの玉ねぎを入れます。
桜えびも入れてよくかき混ぜます。

橋:こぼれんようにね。均等に混ぜてや。

鰻:う〜ん、ぜんっぜん混ざらへんなぁ、納豆のネバりが強いなぁ。

橋:あ、さてはお前、かき揚げやな?

鰻:おい、違うわ!出来てからのお楽しみや、先言うなや!

橋:あ、油に火入れたな、もうこれはかき揚げやろ?

鰻:やめろや!違うわ!

橋:さすがオレのレシピからヒント得ただけあるわ。

銀シャリ

鰻:先言うなって、そんでかき揚げちゃうし。 

   続けて三つ葉も入れちゃいます。三つ葉がまたキュッと味を引き締めるんですよね。

橋:あ、色いいねー。

鰻:あぁ、これ以上かき混ぜると腕が筋肉痛になりますねぇ・・・。

橋:弱いなぁ。あっ!別のボウルに小麦粉入れてるし。
さてはかき揚げやな?かき揚げやろ!

鰻:だからやめろって。何ができるか楽しみに待ってる人もいるんやから!

   あー、それにしても腕が重いから、これ使お。

橋:出た、新兵器!何それ?

銀シャリ

鰻:ゴムべら。

橋:そのまんまやないか!

銀シャリ

鰻:あ〜、混ぜやすいわ〜〜〜。

橋:混ぜやすくて、思わず笑顔になるやろ。ヘラヘラしてしまうやろ!


鰻:そんな笑顔になってないわ。

   それでは、先ほどの小麦粉に水を加えたものを、この納豆のボウルに投入します。

橋:おー、エエ感じになってきたなぁ。

銀シャリ

鰻:いよいよ、油で揚げていきますよ〜。

橋:うまそー!やっぱ、揚げたてのサクっとした感じがたまらんよなぁ。

銀シャリ

鰻:うわーーー、エエ感じ!

橋:いい音してるわーーー!!

銀シャリ

鰻:ほどよく揚げたら、

   ハイッ!『納豆かき揚げ ウスターソースがけ』 の出来上がり!!

橋:やっぱり、かき揚げやん!

 

鰻:あ、でもこれ一体、誰がジャッジすんねん?

橋:そう思ってな、ちゃんとある人を用意してあるねん。

   お呼びしよう!おかめ納豆を作っているタカノフーズさんから

   お越しいただいた宮本さんです!!

銀シャリ

宮:今回ジャッジする宮本です。よろしくお願いします。

鰻:宮本さん、食べるの好きそうですね。

宮:もう大好きですよ。

橋:判定していただくのに最高の人やろ。間違いないですわ。
しかも宮本さん、役員さんなんやで。

鰻:えー!それって、エライさんてことー!お手柔らかにお願いしますっ!

宮:いやいやいやいや・・・。

銀シャリ

橋:やっぱりスーツが違いますよね。

鰻:肌めっちゃキレイですよね。

宮:肌をツヤツヤにするのには、
納豆がいいんですよ。

 

鰻:説得力ありますわぁ。

橋:宮本さん、おいくつなんですか?

 

宮:いくつに見えますかね?

橋:うわっ、キャバクラやないんですから!

 

宮:今年、○歳です。

橋:えー!若く見えますねーーー!!

鰻:いやいや、だいたいそんな感じに見えますよ・・・。

宮:ハハハハ・・・。

銀シャリ

宮:それでは厳しく、公平にジャッジさせていただきます。

橋:お願いします!

鰻:お願いします!

銀シャリ

宮:まずは『天かす入り納豆ぶっかけうどん』から・・・うまいなぁぁぁ。

橋:出ました!うまいなぁぁぁ。

宮:納豆のね、アミノ酸の旨味がしますよね。

橋:ありがとうございます!

銀シャリ

宮:では『納豆かき揚げ 』にいきます。

鰻:あ、ちょっとその前にーーー!
ウスターソースを かけていただけますか!!

 

橋:あ、確かにこれ、ウスターでいくのはうまそうやなぁ。
塩・コショウとか麺つゆじゃなくて・・・

鰻:ウスターでいただいて欲しいんですよね。
めちゃくちゃおいしいですよ、揚げたてです、どうぞ!

銀シャリ

宮:いい感じで納豆が入ってますねぇ。

鰻:そうなんですよ、名脇役ですから!入ってないように見えて、よく見たら入ってる!!

橋:鰻くん、髪の毛“かき上げ”ながら作ってましたもんね。

鰻:かき上げてないよ。

 

橋:テンション“アゲアゲ”でしたもんね。

鰻:確かにテンションは上がってたよ。

 

宮:ぅぅぅぅ納豆が温かくなると、
いい味が出るんですねぇ
ぇぇ。

鰻:あー、なるほど、ありがとうございます!

橋:よければこのぶっかけうどんに、かき揚げを乗せていただいても
全然いいですから。それはもう、僕の勝利ということになりますからね。
これ、うどんに合いますよ!

銀シャリ

宮:それではジャッジします!
やっぱりね、皆さまに簡単に納豆を食べていただきたいということでね、
今回の勝者は、橋本さんで!

 

橋:やったーーーーーーー!!!

鰻:ありえへん!おかしい!出来レースですわ!


宮:いやー、うどんは手軽で、しかも納豆とよく合いましたねぇ。
かき揚げの方は、やっぱり自分が作れるかな?と思うと、ちょっとハードル高いかな、と。

橋:この調子で連勝いきますよ!

鰻:そんな甘くないよ。


〜第4回に続く!〜

銀シャリ

銀シャリ

材料(2人分)
納豆:100g(2パック)
桜えび:30g
玉ねぎ:1個
三つ葉:1束
ウスターソース:適量
<衣>
小麦粉: 1カップ
水:1/3カップ
揚げ油:適量

作り方

1.玉ねぎは縦半分に切って細切りにする。

2.三つ葉は3〜4cm長さに切る。

3.ボウルに衣の小麦粉を入れ、水を注いでさっくりと混ぜ、1.の玉ねぎ・2の三つ葉・納豆・桜えびを加えて軽く混ぜる。

4.揚げ油を中温(170度)に熱し、3.を8等分を目安に玉じゃくしで1杯ずつすくって入れ、箸で広げるように2〜3度つついて形を整え、からりと揚げる。

5.4を器に盛り、ウスターソースを別器に入れて添える。


ページの先頭へ