発酵コラーゲン納豆

  • 発酵コラーゲンとは
  • コラーゲンとキレイの関係
  • わたしたちが開発しました
  • 2週間チャレンジレシピ
  • 調査結果の発表

コラーゲンとキレイの関係

コラーゲンって食べにくいんです
コラーゲンの多い食材と言えば鶏の手羽先や豚足、牛のスジ肉、魚の皮やアラなどです。
しかし、これらはかたくて食べにくく、調理が面倒なものが多いので、とかく敬遠されがちです。
また、動物性の余分な脂肪も摂ることになってしまいます。
しかも食品中に含まれるコラーゲンはアミノ酸が1000個以上つながった大きい分子構造をしているので体内で吸収されにくいといわれています。
発酵コラーゲンとは
納豆が発酵する際、納豆菌によって酵素が作られます。この酵素が納豆に加えられたコラーゲンを非常に小さい分子構造に分解し、体の中で吸収が良い低分子ペプチドに変化させます。この低分子ペプチドを「発酵コラーゲン」と呼んでいます。 コラーゲンを含んだ細胞自体がいきいきと働くためにはバランスのとれた栄養が必要です。納豆には良質なタンパク質が豊富に含まれており、食物繊維やイソフラボンなどの栄養成分も含まれていますので、一緒に摂ることのできるこの発酵コラーゲンと納豆の組み合わせはまさに女性の味方ですね。

食事中のコラーゲン
一般的なサプリメントのコラーゲン
発酵コラーゲンペプチド

> シリーズトップへ

  • もめん美人シリーズ
  • タカノフーズの納豆ラインナップ
  • タカノフーズの豆腐ラインナップ
  • おかめレシピ
  • おかめのこだわり