会社情報

タカノフーズのあゆみ

1985 年~ 企業イメージの刷新 業界をリードする研究開発と全国展開

日本経済が高度成長期から成熟期へと移行するのに伴い、消費の高級化・個性化は一段と発展をみせた。大量生産から多品種少量生産への転換、質の追求である。

納豆は、一般には種類が少ないと思われがちだが、食生活の多様化に応えて次々と新商品を開発した結果、昭和60年頃には、27品目のラインナップとなった。豆の大きさ、量目、たれ、味に至るまで多様な商品を生み出し、新しい食べ方の提案にも積極的に取り組んでいった。業務用のチューブ入り味付け納豆や、学校給食用の30g入りが好評を博すなど、新しいマーケット開拓が新商品誕生に結びついた例もあった。

昭和32年12月以来、長年慣れ親しんできた「おかめ納豆本舗」から昭和60年5月「タカノフーズ」に社名が変更。社名から「納豆」の文字が消え、総合食品メーカーへと企業イメージが刷新された。同年6月にはスーパーの広域企業が関西に進出したのを機に、大阪営業所を開設、以後、北海道、東北、九州へと営業所の設置が広がることとなる。また、11月、水戸工場敷地内に研究所が完成、国の機関、大学、他メーカーで行っていなかった納豆の研究開発に着手し業界をリードした。

昭和61年3月には首都圏における営業体制の充実・強化を図るべく、東京営業所と横浜営業所を併合、東京支店(現営業本部)が開設された。同年12月には、水戸工場に水戸配送センターが完成し、集荷・積載の大幅な効率化を実現した

生産・販売・物流の体制が整いつつある中、昭和61年12月から翌年3月まで、関東一円においてテレビCMを放映、結果は、翌日出荷する商品を心配しなければならないほどの大成功。これが、水戸工場増設を促がすこととなり、昭和62年12月、FA化が進められた最先端の新鋭工場(水戸工場第二期分)が完成した。

1985年(昭和60年)~1988年(昭和63年)

  • 納豆菌
  • 東京支社(当時)
  • 水戸配送センター
  • 当社初のテレビCM