会社情報

タカノフーズのあゆみ

1979年~ 水戸工場完成と新社長体制による飛躍

昭和48年の第一次、53年の第二次オイルショックを経て、昭和50年代は重厚長大から軽薄短小へ、モノからソフトへと潮流が変化し、情報化社会が到来した。ライフスタイルの多様化・個性化の発展に伴って食生活にも大きな変化が生じ、高級グルメ志向、家庭内の個食化が顕著になった。自然食がブームとなり、脂肪分の少ない植物タンパクとして大豆製品、特に納豆が脚光を浴びることとなった。

商品別にみると、極小粒は市場を独占。特に個食化のニーズにマッチしたミニ化やグルメ志向に応えた大粒大豆の「副将軍納豆」で業界をリードした。

昭和54年8月、有限会社から株式会社へ改組、第二の成長期を迎えようとしていた。同年9月、高野徳三は果敢にも小川野田工場(現水戸工場)の建設に踏み切った。それは、最新鋭の生産設備を整え、合理性を追求した業界最大規模の工場になるはずで、リスクの大きい先行投資にも危惧の念をいだく向きもあったが、将来を見越した高野徳三は少しもひるまなかった。昭和57年11月、待望の小川野田工場(現水戸工場)第一期分が完成。「お客様に見ていただける工場にしたい」という高野徳三の意見を取り入れ、見学者通路も併設された近代的な工場となった。しかし、高野徳三は、昭和56年5月、工場の完成を見ることなく他界、高野英一が亡き父の遺志を継ぎ、代表取締役に就任。矢継ぎ早に積極的な事業展開を図った。

昭和59年には、企業テーマの「人づくり、健康づくり、食文化づくり」を推進するため、「ニューモラル教育」を導入。これは、「人としてどうあるべきか」「どういう生き方が幸せか」といった最も根源的で難解なテーマについて考えることを通して、健全な育成をめざしたものである。企業の発展を支える優れた商品づくりの基本は、優れた人材の養成にあると説く、まさに「モノ作りの前に人づくりなり」なのである。

このころ、高野英一は、納豆と原料を同じくする「豆腐事業」への進出を企てた。総合食品メーカーとしての第一歩を踏み出したのである。

1979年(昭和54年)~1984年(昭和59年)

  • 水戸工場全景
  • 当時の商品群
  • 副将軍納豆(当時)